fbpx

BLOG

ブログ

ライフスタイルの変化にみるリフォーム時期(50代~60代編)

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

前回に続き、家族構成やライフスタイルの変化に沿った住まいのリフォームポイントや増改築のコツをご紹介します!

【50代】
子どもが独立し、第二の人生を考え始める時期。
2世帯住宅を考え始める人もいるでしょう。新しい家族の関わりが生まれてくる年代です。

2世帯にも共用型や独立型などさまざまなタイプがあります。また、同居する世帯が息子夫婦か娘夫婦かによって、住まいのスタイルも変わってきます。それぞれの世帯のライフスタイルに合わせた2世帯住宅のタイプをしっかり見極めましょう。

子どもの独立後は、夫婦2人が快適に暮らせる住まいづくりを心がけたいものです。例えば、子供部屋だった空間を念願の書斎にしたり、友人・知人を誘えるようにリビングやダイニングを広くしたり。ちょっとした工夫を施すことによって、楽しめる住まいになるはずです。

【60代~】
仕事をリタイアし、家で過ごす時間が増える時期。趣味などにそそぐ時間が増える時期でもあります。
また、自身の年齢から不便さなど感じ始める時期でもあり、心地よく過ごすための考慮が必要になる年代です。

仕事をリタイアして、自分の時間が自由にとれるため、趣味やライフワークのための空間を設ける例が増えています。
新たな人生のスタートを切るため、間取りの変更や設備機器の取り替えを含めた全面改装も多くなっています。

もう少し先を見据えて、家族の介護に備えて早めにバリアフリー対策を行っておきましょう。大きな段差だけでなく現在は気にならない小さな段差や滑りやすさなど、細かな配慮が必要になります。また、手すりの取り付けや段差解消などには介護保険から住宅改修費が支給されるケースもあります。

駒商では、日々の小さなお困りごとを解決することはもちろん、現在のライフスタイルに合った提案型のリフォームで、お客様のニーズにあった住空間へのグレードアップを実現します。

やってみたいリフォームがあればお気軽にご相談くださいね!