fbpx

BLOG

ブログ

お風呂は段差とあたたかさがポイント!

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

これから冷え込みが厳しくなる季節。冷えた身体をあたためたり、ストレスがたまった心を癒したり、お風呂タイムが欠かせなくなりますよね。

お風呂には裸で入ります。当たり前のことですが、浴室の床は水や石鹸で濡れて滑りやすくなっているので、転んで骨を折ったり頭を打ったりといった事故につながることがあるガッテン。

リフォームの際にはバリアフリーの観点から『床の段差はなくす』『滑りにくい床材を選ぶ』『体勢を変える場所には手すりを取り付ける』などの安全対策をしておきましょう。

また浴室では、ヒートショック現象により失神、ひどい場合には心筋梗塞・脳梗塞などになることもあるガッテン。ヒートショックとは、寒い洗面脱衣室や浴室から、いきなり熱いお湯につかることで、脈拍や血圧の急激な変化を起こし、深刻な体調変化を起こしてしまうことを言います。

急激な気温の変化に対応できない赤ちゃんや高齢者の場合は、死亡するケースもあるので、洗面脱衣室や浴室内は冬でもあたたかさを保てるよう工夫をしておきましょう。

浴室暖房換気乾燥機を取り付けることも一つの方法。もちろんあたたかいお風呂にするためには、システムバス本体の断熱性能をチェックしておくことも大切です。洗面所は、小型ファンヒーター用にコンセントを取り付けておくだけでも便利ですよ。

お風呂は裸で入る場所であることを忘れるべからず。
ちょっとした工夫であたたかく安全なバスルームになるガッテン!