fbpx

BLOG

ブログ

お客さまがいてくれてこその“プランニング”

今回は私たちが大切にしている”プランニング”への想いについて、お話させていただきます。

お客さまは十人十色でご要望もまったく違います。
私たちが考える「使いやすさ」と、お客さまの考える「使いやすさ」も違います。
これなら間違いない、という決まりはなく、お客さまのご要望に合わせていくしかありません。

合わせていくしか、ではなく、言い換えると、私たちはお客さまからさまざまな”プランニング”を学ばせていただいているのです。

・お客さまがどのように生活をしているのか?
・どうやって家を使われているのか?
・どんな家具を使用するのか?

まず、お客さまが考えるゾーニング(空間・間取り)をお伺いします。
実現可能かどうかは別としてご要望をすべてヒアリングします。
それからプランニングを考えていきます。

例えば、ダイニングセットの椅子まわりのゾーニングで、実際にダイニングセットを入れたときに座って食事ができるか、といったプランニングです。

駒商(コマショウ)がプランを作るのではなく、お客さまの「使いやすさ」でプランが決まっていきます。

こんなプランニングもあるのか、とお客さまから教わることは本当にたくさんあります。

おかげさまで忙しいながらも充実した日々を過ごさせていただいているのは、お客さまがいてくれてこそ、と感じさせられます。