fbpx

BLOG

ブログ

2019年のお風呂メーカーはこれだ!――駒商リフォーム大学

こんにちは。駒走です。

今回は、これからリフォームをしたいお客様に向けて、業界関係者がおすすめするお風呂メーカーを紹介します。

TOTO、LIXIL、タカラ、Panasonicの各商品について説明します。
※商品は「リフォーム産業新聞」に取り上げられた、リフォーム営業マン・プランナーが選ぶ設備建材「リフォーム大賞2019」で発表されたランキングにもとづくものです。

<TOTO>
・戸建……サザナ
・マンション……WG

特徴は床のやわらかさ。
断熱性保持、衝撃吸収、防音効果などの性質がある「ほっカラリ床」は、膝をついても痛くないことが喜ばれています。
水がすっと流れて乾きやすいのもポイントです。

<LIXIL>
・戸建……アライズ
・マンション……リノビオV

角の少ない形状のため日々の手入れがしやすいなどの特徴があります。
床はTOTOに比べると硬めです。

<タカラ>
・戸建……レラージュ
・マンション……伸びの美浴室

特徴は断熱性、耐震性の高さ。
壁がホーローなので汚れが取れやすいのもうれしいところ。
また、間口・奥行きが2.5cm刻みでサイズオーダーできるのはタカラだけです。

<Panasonic>
・戸建……オフローラ
・マンション……MR-X

売りは有機ガラス系のスゴピカ素材。汚れがつきにくいのが特徴です。
注目ポイントは「酸素美泡湯」。
酸素を含んだミクロの泡が、お湯を白くやわらかに。入浴剤を使わなくても、身体を温め、肌表面をやさしくキレイにしてくれます。

ちなみに、「リフォーム大賞2019」で発表されたランキング(中級価格帯)は次の通り。

1位:サザナ(TOTO)
2位:アライズ(LIXIL)
3位:オフローラ(Panasonic)
4位:レラージュ(タカラスタンダード)

お風呂選びに迷っている人はぜひ参考にしてみてくださいね。