fbpx

BLOG

ブログ

暮らしの知恵袋「ワイヤーハンガーを洗濯に活用!」

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

今年も梅雨の季節がやってきました。じめじめして蒸し暑い、洗濯物が乾かない……。

今回は身近にあるワイヤーハンガーを使った、「洗濯物干し活用術」をご紹介します。

クリーニングから戻ってきたときなどについてくるワイヤーハンガー。たまってしまって持て余しているという方も多いかもしれまテンが、自在に形が変えられて、洗濯物を干すときに意外と便利なアイテムになるガッテン。

ハンガーの中央あたりを軽く「への字」型に折り曲げて、タオルを巻きつけ、輪ゴムで止めます。

その上に洗濯物を干せば、タオルが吸水して乾きが早くなり、気になる肩のハンガー跡もつきまテン!

ハンガーの中央あたりを下に引っ張るのも上手な変形活用方法。下に引っ張って、ワイヤーハンガーをひし形に変形させ、この形のものを2本用意します。

2本の間隔をあけて掛ければ、ひし形の部分に枕やクッションを挟んで干すことができます。

靴やスリッパなどを干したいときは、ハンガーの両端を上に折り曲げ、その部分に靴をさすようにします。風通しがよいので早く乾き、型くずれもしまテン。

3例紹介しましたが、工夫次第では他の衣類を干すのにも使えそうです。
捨ててしまうのももったいないもの。変形させたり、2本、3本と複数本を使ってみたりと、いろいろ試してみてくださいね!