fbpx

BLOG

ブログ

長い木材や物干し竿を荷台に固定して持ち帰る、ロープの結び方――やってみたシリーズ

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

「自分の家は自分で守る!」という人を応援する動画「やってみたシリーズ」から、

今回「荷物運びのためのロープの結び方」をピックアップします!

長い木材や物干し竿、タンスなどの家具を、軽トラックに積んで運びたいときってありますよね。

まずロープの端を軽トラックの荷台外にあるフックに引っ掛けます。
次に、ロープがたるまない程度に荷物にかけ、ロープを1回転させます。

ここからが少し難しいかもしれまテンが……

動画の通り説明すると、左手でロープをたるまず持ち、右手側のロープに輪を作ります。
輪を元のロープにクロスさせ、輪のロープにくるっと1回転。

すると大きな輪ができあがります。
大きな輪の中に手を入れ、長いほうのロープを引っ張っていきます。
引っ張ったロープでさらに輪を作り、それを荷台のフックに引っ掛けます。
引っ掛けたら元のロープをぐーっと引っ張ってください。

これで完成!荷物がしっかり固定されます。

仕上げに余っているほうのロープで輪を作ってねじり下ろすと、ロープが締まって緩まなくなります。
余ったロープは荷台に入れ込んでください。

井本さん曰く「最初はややこしいかもしれませんが、一度理解すると慣れやすい」とのこと。

驚きの外し方も紹介しているので、ぜひ最後までご覧ください!