fbpx

BLOG

ブログ

キッチンメーカーはこれだ!――駒商リフォーム大学

こんにちは。駒走です。

今回は、これからリフォームをしたいお客様に向けて、業界関係者がおすすめするキッチンメーカーを紹介します。

まず、覚えていていただきたいことが「キッチンにはグレードがある」ということ。
他社メーカーで複数の見積りを取る際は、グレードを合わせて見積りを取るようにしましょう。

それでは、クリナップ、タカラ、LIXIL、TOTO、Panasonicの各商品と特徴について簡単に説明していきます。
※商品は「リフォーム産業新聞」に取り上げられた、リフォーム営業マン・プランナーが選ぶ
設備建材「リフォーム大賞2019」で発表されたランキングにもとづくものです。

<クリナップ>
高級価格帯:セントロ
中級価格帯:ステディア
普及価格帯:ラクエラ

システムキッチンという仕組みを作ったのがクリナップです。
その最大の特徴はステンレス。セントロ、ステディアは引き出しの中までステンレスです。
掃除性が良く清潔感があります。デザイン性も良いので選ばれるお客様が多いメーカーです。

<タカラ>
高級価格帯:レミュー
中級価格帯:エマージュ
普及価格帯:エーデル

タカラの特徴はホーローとホーローパネル。
耐久性があり、メンテナンス製品も充実しているため、長く使うことができます。

<LIXIL>
高級価格帯:リシェルSI
中級価格帯:アレスタ
普及価格帯:シエラ

デザインの良さはピカイチです。
お風呂、トイレ等製品のラインナップが多いので、すべてLIXILで、というお客様も多くいらっしゃいます。

<TOTO>
高級価格帯:ザ・クラッソ
中級価格帯:ミッテ

水廻りに強いメーカーなので安定感があります。

<Panasonic>
高級価格帯:L-クラス
中級価格帯:ラクシーナ
普及価格帯:V-スタイル

Panasonicの強みはやはり家電。
キッチンのカウンターの袖にコンセントがあったり、タッチレス水洗だったり、コンセントの位置が絶妙だったり……家電を絡めたキッチンが魅力的です。
L-クラスは駒商のショールームにも設置しています。

ちなみに、「リフォーム大賞2019」で発表されたランキングは次の通り。

<高級価格帯>
1位:リシェルSI(LIXIL)
2位:セントロ(クリナップ)
3位:L-クラス(Panasonic)

<中級価格帯>
1位:ステディア(クリナップ)
2位:アレスタ(LIXIL)
3位:ラクシーナ(Panasonic)

<普及価格帯>
1位:ラクエラ(クリナップ)
2位:シエラ(LIXIL)
3位:Bb(トクラス)

<総合ランキング>
1位:ラクエラ(クリナップ)
2位:シエラ(LIXIL)
3位:ステディア(クリナップ)

繰り返しになりますが、複数の見積りを取る際は、グレードを合わせて見積りを取ってくださいね!
そうすれば価格や機能を比較しやすくなると思います。

ぜひ、キッチン選びの参考にしてみてください。