fbpx

BLOG

ブログ

マンション用フローリングの張り方 早送りリフォーム動画

こんにちは、澤田です。
久しぶりに登場しました。

今回の現場は宝塚のマンション。
お家全体のリフォームということで、床の張り替え作業を動画で撮影させていただきました。

いつもお世話になっている床屋さん、ウッドスマイルの谷岡さんも登場します。

工事前、このマンションでは床にはカーペットを張っていました。
そのカーペットを全部めくるとスラブというコンクリート面が出てきます。
マンションでは一番多いパターンですね。

マンションの床材は戸建てと違い、床材の裏にスポンジのようなものが入っています。
そのため柔軟性があり、しなりが床表面をきれいに整えてくれたり、防音の役目も担ってくれたりしています。

マンション組合が「マンション用の床材を使ってください」と、床材をしている場合が多いです。

では、どうやって張るか、動画で見ていきましょう。

壁際、頭部分(張り出しのはじめ)の型を取り、型が取れたら一旦床から外します。

次に、スラブ面をほうきで掃いてから専用ボンドを床に塗り、はけでボンドを伸ばしながら床材を張ってください。

頭の部分が張れたら中央部へ進みます。この時、張った床材がずれないよう、養生用テープで固定しましょう。

これらの作業を繰り返していくんですね!

開始からわずか1時間半、6畳の床張りが終わりました。
見違えるようにきれいになりました!

床張り動画、いかがでしたでしょうか?
DYIなどで床張りを自分でやろうと考えている方もぜひご覧ください!