fbpx

BLOG

ブログ

水回りのリフォームを陰で支える商社のお話

こんにちは。駒走です。

「商社」という言葉はよく耳にしますが、実際に商社の仕事って何でしょう?

お客様からは見えない商社の仕事・役割について、水廻り専門商社マルゼン株式会社営業の戸川さんにうかがいました。

* * *

駒走:もう10年くらいの付き合いになりますね。戸川さんはマルゼンのどんなところに魅力ややりがいを感じて入社されたんですか?

戸川:衣・食・住に関わる仕事をしたいとおもったのがきっかけですね。

駒走:実際に入ってみてどうでした?

戸川:業務内容が多岐にわたるのでハードですね。

駒走:商社さんって一般のお客様からすると見えない存在じゃないですか。具体的にどんな仕事をしているんですか?

戸川:分かりやすくいうと、水廻り商材・お風呂・キッチン・トイレ・洗面化粧台等のプランを設定しています。

発注まで行いますが、工務店さんとリフォーム屋さんと一緒に現場調査に入り、製品が現場に適合しているかどうかを確認します。
そして、間違いのない商品を発注し、現場まで配送するという流れです。

駒走:ということは、裏方全部やってくれている。

戸川:本当に多岐にわたります。水廻りのプロフェッショナルという自負はありますね。

駒走:現場がうまくいって「ありがとう」って言われたら、やっぱりうれしいですか?

戸川:うれしいですね~。お客様やお施主様に直接お会いすることはほとんどありませんが、駒商さんのようにリフォーム屋さんから感謝されるころにやりがいを感じますね。

あと、おこがましいですが、僕の働きで会社が大きくなることを実感するときはすごくうれしいですね。

* * *

他にも働いていて悔しかったことや印象に残っていること、これからの商社のあり方など、いろいろな話をうかがうことができました。

問題意識を持って仕事に取り組んでいるからかな、と僕は思いました。

また深掘りして僕たちの“これから”の話を聞いてみたいと思っています。