fbpx

BLOG

ブログ

リフォーム現場動画 マンションのLDKを広くする(後編)

こんにちは。澤田です。
今回は、余分な壁を取ってLDKを広げるリフォーム現場動画の後編をお届けします。

和室横の壁を撤去していくと、壁を支えるための格子上の柱が見えてきました。

* * *

澤田:今井さん。これはマンション間柱というものですか?
今井:そうですね。

澤田:マンション間柱はこの大きさ?この大きさは何という大きさなんですか?
今井:27mm×40mmです。

澤田:これを取ってしまう、と。マンションだから取っても構造的に問題ないですよね。
今井:重量がかかっていないから大丈夫。

* * *

畳の敷居は取って、見切り(縁)を入れます。
見切り(縁)とは、仕上げの異なる部分の境に木材等を挟んで見栄えを良くするもの。
見切りを設置するため、壁と敷居の境をマルチソーで加工していきます。

側面の壁に続いて、前面の垂れ壁(たれかべ)を外します。

さて、畳屋さんが畳を撤去しに来られたのですが、和室に畳一畳分の床下収納があることが分かり、残すか残さないか悩んでいます。
琉球畳に変えても残せるようで、ほっと一安心。すごく便利なので残すことになりました。

キッチン、お風呂、洗面室のリフォームも無事完了。
開放感のあるLDKに仕上がりました!