fbpx

BLOG

ブログ

住宅設備機器の卸値ってどれくらい?

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

近年、建築資材の価格が上がり続けていることをご存知ですか?

一般社団法人経済調査会の建築資材価格指数によると2010年を100とした場合、2020年の指数は全国で9.3ポイント上昇しており、大阪では23.1ポイント上昇しています。


(出典元:一般社団法人経済調査会)

原材料費、燃料費の高騰、また、人件費や配送費などの上昇が続いていることが原因で、メーカーの企業努力だけでは価格維持が難しいようです。

各メーカーの値上げ率を見ていきましょう。

<TOTO>
住宅設備機器商品の希望小売価格改定(2019年10月1日受注分より)

(出典元:https://jp.toto.com/company/press/2019/04/26_008651.htm

<LIXIL>
建材・設備機器の一部のメーカー希望小売価格を2~20%程度アップ
(出典元:https://www.lixil.co.jp/information/

<パナソニック>
「外廻り設備」「換気送風機器」「水廻り商品」希望小売価格改定

(出典元:https://sumai.panasonic.jp/pdf/price_revision01.pdf

いつ値段が上下するかは分からない状況です。
しかし、建築資材の価格は上昇し続けている現状を鑑みると、早めのリフォームがお得なのかもしれまテンね。

駒商ではショールームでゆっくり商品を見ていただくことも可能ですので、お気軽にお立ち寄りください。