fbpx

BLOG

ブログ

湿気やニオイを吸着する壁材「エコカラット」とは

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

LIXILの内装壁材に「エコカラット」というものがあります。
インスタグラムで「#エコカラット」と検索すると、玄関やトイレ、リビングや寝室などさまざまな場所に施工されていることが分かります。
駒商のショールームの受付の壁にもエコカラットを貼っているんですよ。

そんなエコカラットの魅力とは一体何なのでしょうか?
今回はエコカラットの特徴をご紹介します。

エコカラットとは
エコカラットプラスには、空気を吸放出する孔(あな)があります。
そのサイズは、湿気やニオイの吸着に最適な1ナノメートル (1mmの百万分の1)。
目には見えない世界で追求された技術です。
孔数も豊富なため、珪藻土と比べても非常に優れた空気洗浄力を発揮することができます。“
(LIXIL HPより)

以前は「エコカラット」という商品名でしたが、2019年3月1日から「エコカラットプラス」で統一されています。
以前のエコカラットの調湿・脱臭・VOC低減機能はそのままに、水拭き清掃ができるようになっています。

エコカラットの特徴
大きく分けて4つあります。

調湿機能
エコカラットプラスは、すぐれた調湿性能で快適な湿度を保とうとします。
その吸放湿量は珪藻土の約6倍、調湿壁紙の25倍以上もあるとされています。

脱臭機能
エコカラットには、トイレや生ゴミ、たばこ、ペットなどの生活臭をやわらげる効果あります。
生活臭を微細な孔に吸着、珪藻土や壁紙より短時間ですっきり脱臭します。
ペットを室内で飼っているご家庭にも喜ばれているそうです。

VOC(Volatile Organic Compounds)低減
エコカラットプラスは、シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒドなどの有害な物質を原料に用いていない建材です。
さらに、ホルムアルデヒドやトルエンなど、空気中に漂う有害物質を吸着し、低減する効果があります。

お手入れ簡単
エコカラットプラスは二層多孔質の働きにより、湿気は通しますが、粒子の大きい水や汚れは通しにくい構造となっています。
そのため、雑巾などで簡単に水拭きすることができます。

エコカラットのバリエーション
ビンテージな風合いのある木目柄のデザインや織り方の異なる布地のレリーフを組み合わせたデザイン、和モダンな空間にマッチしたシリーズなど、ラインアップも豊富です。

お客様の中には、LIXILのショールームに実際足を運んで、その性能に驚かされたという人も多くいらっしゃいます。
なんでもエコカラットの入ったローズのポプリの瓶からはまったく香りがしなかったのだとか。(エコカラットの入っていない瓶からは良い香りがしたそうです)

リフォーム会社や業者に施工をお願いする方もいれば、ご自身でDIYする方も。
エコカラットを取り付けてみたい、でも、施工費が気になる、という方は、一度お気軽にご相談ください。