fbpx

BLOG

ブログ

リフォームの失敗あるある お風呂編

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

駒商では、リフォーム後に「やっぱりこうしたらよかったかな」「こうしてほしかったな」といったお客様の声を聞くようにしています。

中でもよく聞かれる「お風呂」に関する声について、今からリフォームされる方に向けて後悔しないようにお伝えしたいと思います。

●脱衣場がとても寒いので浴室暖房を付ければよかった。
浴室暖房はあくまで浴室を温めるもの。
衣類を脱ぐ前に付けて、先に温めておいてくださいね。

予算にゆとりがある場合は、脱衣暖房を取り付けるのもありかと思いますが、コストが高くなるので、脱衣場にストーブを置くなど工夫してみましょう。

戸建ての場合、浴室暖房乾燥機はいまや付けるのが当たり前となっています。
お値段もだいぶ安価になっているので、気になる方は業者に差額を出してもらってみてくださいね。

●ミストサウナ、ジェットバスは数回しか使わなかった。
めずらしいので最初は使うのですがすぐ飽きる、といった方も多いようです。

●ユニットバスにトラップがあり、外部にもトラップがあって、ダブルトラップになり排水の流れが悪くなった。
トラップとは、水廻りの排水配管の一部に水をためて、臭気などを防ぐための構造のことで、「ダブルトラップ」とは、このトラップが2つついた状態のことを指します。

ダブルトラップの状態ですと、空気の逃げ場がないため、極端に排水の流れが悪くなります。

ダブルトラップは、在来工法の浴室からシステムバスにリフォームする場合に起こり得るものなので、リフォームする際は気を付けておいてくださいね。