fbpx

BLOG

ブログ

結露対策には内窓と断熱工事がおすすめ!

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

冷え込んできましたね。
気温が下がってくると、窓の結露が心配になりまテンか?

結露ができる理由はお家の中と外の空気の温度差です。
外の冷たい空気が窓ガラスに伝わり、窓が冷たくなります。
一方、お家でエアコンやストーブなどを使っていると、お家の中の空気は暖かいですよね。
その温度差が大きいと、空気中の水分が液体に変化して窓に水滴が付くのです。

結露対策でリフォームを考えるなら内窓を設置するのがおすすめ。

窓ガラスを二重に設置することにより、ガラスとガラスの間に空気の層ができ、外の冷たい空気が内窓に伝わりにくくなります。
さらに、内窓に断熱・遮熱効果の高い窓を設置するので、より伝わりにくくなり、結果、温度差が小さくなり、結露が発生しにくくなるのです。

ただ、内窓を取り付けたからといって、完璧に結露を防げるわけではありまテン。
お家の中の暖かい空気は少しずつ窓の間の空気層に入ってしまいます。

そこでもうひとつおすすめしたいのが外気に触れる部分の断熱工事です。
壁をめくり、断熱材を施工して、室内温度の低下を防ぎます。
窓だけでなく、壁を含めて断熱化することで結露防止につながります。

断熱工事をしない場合は、エコカラットプラスを取り付けるのもよし。
エコカラットプラスは、調湿性に優れていて、空気中の余分な水分を吸ってくれる機能を持っています。

「家の中でなるべく火をたかない」のもポイント。
IHコンロや床暖も結露防止に有効です。

「結露が気になる」「家の中が寒い」といったお困りごとがあれば、ぜひご相談くださいね。