fbpx

BLOG

ブログ

開き戸から引戸へ!最小限の工事でドアを交換できる!

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

先日、トイレのリフォームでお世話になったお客様から「トイレの扉を開き戸から引き戸に替えたい」と建具の工事をご用命いただきました。

開き戸の場合、扉の開閉に室内や廊下にある程度のスペースが必要です。
また出入りするときに前後の動きが必要になるので車椅子などは不便ですよね。
もちろん高気密、種類やデザインの豊富さというメリットもあります。

引き戸の場合、扉を開いても邪魔になりませんし、車椅子などでも通りやすい。

そういった点からか、開き戸から引き戸へのリフォームはここ数年で増えている印象があります。

従来だと開き戸から引き戸の工事は枠やレールを取り付けないといけないため、ドア周囲の壁を壊したり復旧したり、クロスを張り替えたりという作業が必要です。
その方法だと工事費が高くなってしまうので、「アウトセット引戸」という商品を提案することがあります。

アウトセット引戸を使えば、枠はそのまま扉だけを引き戸に交換することができるんです。
引き込みシロ(ドアがおさまる範囲・ドアの可動範囲)は必要ですが、割と簡単に開き戸から引き戸に替えられます。

現場動画はこちら↓↓↓
https://youtu.be/PPFHuMJsd4I

気になられた方は、ぜひお近くの工務店やリフォーム屋さんに尋ねてみたり、PanasonicやLIXIL、大建など引き戸を扱っているメーカーのホームページなどをチェックしてみたりしてくださいね。