fbpx

BLOG

ブログ

リフォーム大賞~お風呂ランキング~

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

今回は、これからリフォームをしたいお客様に向けて、業界関係者がおすすめするお風呂メーカーおよび商品を紹介します。

※商品は「リフォーム産業新聞」に取り上げられた、リフォーム営業マン・プランナーが選ぶ
設備建材「リフォーム大賞2021」で発表されたランキングにもとづくものです。

「リフォーム大賞2021」で発表されたランキングは次の通り。

<総合ランキング>
1位:サザナ(TOTO)⇒中級価格帯
2位:ミーナ(タカラスタンダード)⇒普及価格帯
3位:シンラ(TOTO)⇒高級価格帯
4位:スパージュ(LIXIL)⇒高級価格帯
5位:アライズ(LIXIL)⇒中級価格帯

<テーマ別ランキング:デザイン>
1位:サザナ(TOTO)
2位:シンラ(TOTO)
3位:ミーナ(タカラスタンダード)

<テーマ別ランキング:機能性>
1位:サザナ(TOTO)
2位:シンラ(TOTO)
3位:ミーナ(タカラスタンダード)

<テーマ別ランキング:コストパフォーマンス>
1位:サザナ(TOTO)
2位:ミーナ(タカラスタンダード)
3位:シンラ(TOTO)

<テーマ別ランキング:施工性>
1位:サザナ(TOTO)
2位:ミーナ(タカラスタンダード)
3位:シンラ(TOTO)

総合1位かつテーマ別ランキングの全部門も1位に輝いたサザナ(TOTO)。人気の理由は「ほっカラリ床」だガッテン。乾きやすく軽くこすれば汚れが落ち、掃除が簡単にできるのです。「お手入れがしやすい機能性と価格帯のバランスがよい」「膝をついても痛くないほど柔らかい」といった意見が挙げられたそう。

総合2位のミーナ(タカラスタンダード)の特徴は、価格を抑えつつ、断熱性や耐震性に優れているところ。

複数の見積りを取る際は、グレードを合わせて見積りを取ってくださいね!
そうすれば価格や機能を比較しやすくなると思います。

ぜひ、お風呂選びの参考にしてみてください。