fbpx

BLOG

ブログ

施工事例M.T.様邸「購入住宅リフォーム工事」

こんにちは、駒商(コマショウ)の澤田です。

今回ご紹介するのは、中古住宅の洗面室・トイレのリフォーム工事です。

ご両親から譲り受けたアンティーク調の家具をとても大切にされているお客様。そのご要望は、家具の風合いにあったリフォームをしたいとのことでした。

2階の浴室・洗面室は外国のお家のようにドアがなくオープンな空間でしたが、それでは落ち着かず、またお風呂上りに冷えてしまうという問題もあったので、濃紺のドアをつけました

完全にドアを閉めてしまうと真っ暗になってしまうので、光をとりこむために室内窓もつけました。Panasonicのチェッカーデザインの室内窓をつけたことにより、外から丸見えになることを防ぎ、かつ、デザイン性を取り入れました。

トイレはお客様が以前のお家でも使われていたアラウーノを採用。便ふたオート開閉でかつ便ふたを閉じてから水が流れるので、衛生面が気になる方におすすめの商品です。トイレ既設の洗面も雰囲気を残したまま新しいものに入れ替えたいとのことだったので、その雰囲気を損なわないものをお選びになられました。

花柄のクロスはお客様がご用意されたものです。こちらもアンティーク調でとてもかわいいですよね。

玄関の門扉の位置が不便だったので、既存の門扉を取り払い、位置を変更して風合いの良い門扉とそのデザインに合うポストを設置。補修が不自然にならないよう職人さんに協力いただきました。

またお庭には家具のイメージに合わない大きな木が生えていたので、それを切らせていただいたり、細かいものは移動させたり、整えさせていただきました。

DIYの好きなお客様でしたので、お客様が手直しできるところはお客様でやっていただき、それが難しいところは私たちがお手伝いする形のリフォームでした。

お好きなものに囲まれて、こだわりのある家具とお家で、いつまでも気持ちよく過ごしていただきたいと思います。