fbpx

リフォームアドバイザー

木村宥里

メッセージ

――はじめに。自己紹介をお願いします。

木村宥里です。趣味は大きく2つあって、1つはワンちゃんを飼っているので、車で大きい公園に行ってワンちゃんと一緒に走り回ること。もう1つはピアノを弾くこと。仕事終わりにもピアノを弾いています。気分転換になるし、不安なことを忘れられるんです。

――駒商を知ったきっかけを教えてください。

もともと住宅環境に興味がありました。卒業論文で空き家について調べ、そこで重要なことがリフォームだと学びました。リフォームをして既存の住宅を生き返らせるかに魅力を感じました。

就活サイトで「兵庫県」「リフォーム」で調べたときに、駒商がヒットして、調べてこういう会社があるのかと知りました。雰囲気が良さそうだったので、合同説明会と一次選考を受けることにしました。雰囲気が他の会社と違って、話しやすい関係、相手の意見を引き出してくれるところが印象的でしたね。

――入社の決め手は何でしたか?

社風です。面接の段階で先輩方に同行して、そういうところも面白いと思いました。どんなことをしている会社なのかが一番分かった会社でした。

――今はどのような仕事に取り組んでいますか?

今は先輩方の真似をして、ついて行って見積りをして。見よう見まねです。先輩が営業をしているところを横で見ている感じです。

――駒商の社風について教えてください。

みんな同じ目線で、上下関係なく接している点が、アットホームで良いなと思っています。

――今後、駒商でどのような役割を担っていきたいですか?

まだイメージは湧かないのですが、いろんなことを覚えて、自分に合う役割を見つけていきたいです。澤田さんの人を引きこむ話し方や小坂さんの流れの良さなど、皆さんの良いところを見習って吸収していきたいです。

――お客様へ向けてor駒商への入社を考えている人へ、メッセージをお願いします。

初心を忘れずに、忠実にお客様に接していきたいと思っています。
ギャップのない会社で、面接のときから皆さんの良さが伝わるのが魅力的なので、感じたものを信じて入社をしてください!

関わった施工実績