fbpx

駒商の想い

スタッフ紹介 STAFF

いつもお世話になっています。奥村です。

大工になったきっかけは30歳の頃に兄弟子である同級生との出会いです。そこから始まり早10年強、です。

駒商に入社したのは、社長の熱意に惹かれて、かな。

「奥村さんと一緒にやりたい!」と言われちゃうと、やっぱりうれしいですよね。

今は現場監督・大工として日々仕事に取り組んでいます。

全面リフォームや間取り変更、水廻りの現場調査や見積り・工程表作成、工事に必要な材料や協力してもらう職人さんの手配や管理です。

「自分の家やったらこうしたい。僕がリフォームするなら僕にリフォームを頼みたい。」という信念を持って仕事をしています。

お客さまに言われたことはもちろんですが、現場の掃除、お客さまとのコミュニケーションなど、他の職人にも徹底させています。

「我が家に手を掛けるように、お客さまのお家をリフォームすること。」
駒商(コマショウ)のポリシーですが、社長は「この言葉は奥村さんから生まれたんや!」と言われます(笑)

一番苦労するのは納期に間に合わせることですね。
かといって納期優先にしてクオリティを下げることはできないし、適当な仕事はしたくない。
見て見ぬフリもしたくない。
例えば、コンセントがドロドロになっていたら新しく交換してあげたい。

お客さまに喜んでもらうことは、すなわち僕たちの喜びでもあるので。仕事をするのであれば人を喜ばせたいし、自分も喜びたいんですよ。

社長から「奥村さんはパーフェクト!文句のつけどころがない!」を言わしめるほど、社長も一目置く存在。奥村さんの現場でクレームが出ることはほとんどありません。ゼロと言っても過言ではないほど。

……でも、お酒が入る“THE 関西人”になるガッテン。じゃりン子チエのテツみたいな感じ(=^~^)o。澤田さんも「ほんまに腹巻したいんちゃうかな?」というくらいだガッテン。シュッとしている奥村さんもいいけどテツみたいな奥村さんも好きテン。

コマガッテンも奥村さんのように「お客さまの喜びのために」仕事に邁進する施工管理・大工になりたいガッテン!

[ スタッフ一覧に戻る ]