fbpx

フルリフォーム

フルリフォーム


「子供が成長して、部屋数や収納スペースが不足してきた。」よくあるご相談です。でも家族の人数は増えるだけではなく子供たちの世帯分離などで減ることもあります。リフォームで間取りを考える際は、今だけでなく将来のことも想定し、ライフステージに対応できる間取りにするのがおすすめです。つまり部屋を「子供部屋」や「書斎」に限定するのではなく、「子供部屋にもなる書斎」や「両親が住むかもしれない部屋」として考えることも有効です。具体的には10帖大の部屋を当面は広々と使い、将来子供部屋として2部屋に分けられるよう、間仕切壁用に予め下地を補強、また出入り口、クローゼット、スイッチ、照明シーリング等をはじめから2部屋分設置しておくなどです。これに限らず将来を見据えた間取りの考え方はたくさんあります。ぜひリフォームのリフォーム・リノベーションアドバイザーにご相談ください。