fbpx

リフォーム

リフォームメニュー LINE UP

水廻り

キッチンは毎日使うところです。言い換えると、不便で、飽きのくるようなキッチンでは毎日ストレスを感じながら生活することになってしまいます。機能とデザインをキッチンメーカーのショールームなどで実際にしっかりと確認していくことが大切です。次のようなポイントを参考にしてください。


■ キッチンの位置
マンションの場合、排水の縦配管(たてはいかん)の位置は変えることができませんが、排水の勾配が取れれば大きく位置を移動することが可能な場合もあります。動かせないと諦めずにまずはご相談ください。


■ キッチンのタイプと動線
壁付けか対面式か?また対面式でも「アイランド型」「ペニンシュラ型」「I型」「セパレート型」「L型」など様々なタイプがあります。壁付けキッチンを対面式にというご希望は多いですが、その場合、思った以上にワークスペースを大きく確保しないといけないことに驚かれることがよくあります。「コンロ」「シンク」「冷蔵庫」の3点を結ぶ動線の3角形をワークトライアングルと言い、この形はキッチンの使い勝手に大きく影響します。ぜひプランニングの際ご相談ください。


■ ワークトップの素材
ワークトップの素材は主にステンレスと人造・人口大理石とに分かれます。ご自身のスタイルに合わせて選びましょう。ステンレスは耐水性、耐熱性、耐久性に優れ、毎日のお掃除もしやすく、コスト面も魅力的です。人造大理石は割れやすく色移りがしやすいというイメージを持たれている方々も多いですが、最新技術を活かし、各メーカー、強くしなやかで耐久性のある商品を開発しています。人口大理石はカラフルさや見た目のインテリア性を重視する方にオススメです。ステンレス製と違い、細かな傷や汚れ程度なら研磨で綺麗に復活させることもできます。


■ ワークトップの高さ
ワークトップの高さはおよそ80~90㎝。低いキッチンでかがんで背中を丸くしての作業は腰痛
の原因になると言われています。高さは体格に合わせて選びましょう。


■ 収納
リフォーム前にキッチンの中にあるものを一度すべて出してみられたお客様のほとんどが「こんなに物があったんだ…」と言われます。収納容量はもちろん大きく確保できれば良いのですが、リフォームをきっかけに、保有物の量について見直しされる方も多くいらっしゃいます。また、同じ容量の収納でも扉タイプのものと引き出しタイプのものではその使い勝手が異なります。扉タイプに比較して引き出しは奥にしまったものを取り出し易い便利さがありますが、高い位置には向かず、引き出した時の外部スペースも必要となるなどです。収納するものの性質や大きさ、位置によってどのタイプを採用していくかはとても大切な要素となってきます。


■ 家電
キッチンには家電製品が集中します。冷蔵庫以外に、電子レンジ、オーブントースター、炊飯器、コーヒーメーカー、電気湯沸かし器など大きさや形も多様な家電製品を比較的限られたスペースにどう置いて使うかを事前に考えておく必要があります。ハンドミキサーなど手元で使うキッチン家電もあるため、コンセント位置もきちんと計画しましょう。


■ デザインやスタイル
スタイリッシュなキッチンは確かに憧れです。様々なメーカーから美しいデザインのキッチンが発売されています。大いにキッチン選びは楽しんでいただきたいと思います。しかし、デザインやスタイルを追い過ぎて大切な機能を見失わないようにしなければなりません。特にキッチンはそもそも水や油が飛散する場所なので掃除やメンテナンスが容易で衛生的に保てるようなものを選び、床や開口部、排煙等にも十分な配慮が必要となってきます。