BLOG

ブログ

お家を長持ちさせるコツ ◆洗面室編◆

こんにちは、駒商(コマショウ)のゆるキャラ、コマガッテンだガッテン。

例年になく穏やかな寒の入りとなりましたが、お変わりありまテンか。

インフルエンザが流行していますので、どうぞお気を付けて下さいね。

さて、先月に引き続き住まいを長く、良好に保つコツをご紹介

家を少しでも長持ちさせるために重要なことは、何といっても日頃の使い方とお手入れです。

そこで、今回は洗面室について何点か例を挙げてみました。

◆洗面室の換気

お家の構造によりますが、洗面室と浴室、トイレの換気扇が一緒になっていることもあります。

洗面室に換気扇がない場合は、浴室の扉は開けっ放しにせず、浴室の換気を十分してから扉を開けたほうがいいでしょう。

◆洗面ボウルや鏡

浴槽ほどカルキの汚れがつくことはありません。

洗面ボウルはアクリルたわしやアクリルスポンジ、蛇口専用のマイクロタオルなどで、使った後に“ついで掃除”をしましょう。
鏡も体を拭いたバスタオルで“ついで拭き”をしましょう!

◆水栓

水栓は意外と傷みやすく、水垢汚れが付きやすい場所です。

重曹+クエン酸でのお掃除がおすすめ

使い捨てのコップにお湯を入れ、重曹を大さじ1杯ほど溶かし、クエン酸を小さじ1杯入れ、水栓を付け置きしてみてください。

ブラシで簡単に落ちる程度まで、水垢がゆるくなりますよ♪

◆クロス

壁付けタオル掛けに濡れたタオルを長くかけておくとクロスにカビが生えてしまいます。
濡れたタオルをそのまま置かないように注意しましょう。

洗面室は毎日使うからこそ、いつもキレイに気持ちよく使えるようにしておきたいもの。
そのためには使ってすぐのおそうじが大切です。

毎日ちょっとずつの積み重ねがキレイを引き寄せる秘訣!

ぜひ、できることから一つずつ試してみてくださいね!